TEL
MENU

人身事故

人身事故にあってしまったら宇都宮駅・鶴田駅・東武宇都宮駅のすこやか整骨院 鶴田院まで

このようなお悩みはありませんか?

  • 人身事故の被害にあってどうすればいいかわからない
  • 人身事故後の手続きや交渉に関して相談したい
  • 人身事故で怪我してしまった
  • 病院で治療を受けていても人身事故後の症状が良くならない

人身事故で負った障害や怪我の回復が遅い、通院していてもなかなか治らないといった場合には、一度宇都宮駅・鶴田駅・東武宇都宮駅のすこやか整骨院 鶴田院までご相談ください。

当院では、人身事故による症状の施術にも対応していますし、患者さんにぴったりな病院をご紹介することもできます。
もちろん、宇都宮駅・鶴田駅・東武宇都宮駅のすこやか整骨院 鶴田院に転院してくることも可能なので、お気軽にご相談ください。

人身事故とはどういうものか?

人身事故にあった場合、負傷者の診断書は、警察に提出しなければなりません。
警察が診断書を受理されて初めて、「人身事故」ということができます。
ここでの診断書というのは、交通事故によって怪我してしまい、数日間の治療を必要とする内容の自由形式の診断書のことです。

注意!こんな時は人身事故とはなりません

警察所に診断書が提出されれば、人身事故となります。
これによって、警察に診断書が提出されなければ人身事故扱いにはなりません。
怪我をして通院していても、診断書がなければ人身事故にもならないでしょう。

この場合、基本的に刑事処分は実施されません。
ポイントとしては、人身事故の被害者には通院が発生し、そのために賠償金も発生するということです。
賠償金というのは、治療費や慰謝料、休業損害のことです。
これらを立証して請求するのは被害者の役割です。これを支払うのが加害者の役割でもあります。